「松」「竹」を素材として、人と環境にやさしい商品を開発・展開しています。

ナチュレパワー®Gタイプ
BVバイオ酵素
ナチュレミネラル
有機酸カル
竹満作
竹満作 ペレット
BV有機肥料
(アミノ酸ミネラル肥料)
竹炭灰ミネラル
菌太郎
静置竹酢液 
畜産用ナチュレパワーG
畜産用蒸留竹酢液
畜産用乾燥竹粉
ダニスメンシート
 ・通常タイプ
 ・すべり止タイプ
 ・100m巻タイプ
ダニスメンシートエネキープ
ダニスメンシートα
業務用カビ・ダニスメン
竹炭灰ミネラル
【内容量】 
10 kg
  【成 分】  竹灰 ・ 竹炭 ・ 静置竹酢液
特    長
@ 土壌の保肥力・保水力・透水性・通気性が向上し、保温性があるので地温が上がり有用微生物群が増殖し、連作障害・土壌病害を抑制します。
A 炭を上層の5p〜10pにすき込むと、根張りが格段に良くなり、すぐに根粒菌・菌根菌が増殖する。
B 植物の必須ミネラル成分が、バランスよく吸収されやすいかたちで含有されています。(木炭の10倍以上)
C ミネラルは作物の各機能の活性に絡み健康体をつくり、食味・着色・収穫量をアップさせるはたらきがあります。
竹炭灰ミネラル 元素量
元   素 元素量 (%)
ケ  イ  素 6.17
カ リ ウ ム 3.97
カ ル シ ウ ム 0.56
マグネシウム 0.32
0.31
亜    鉛 0.16
マ ン ガ ン 0.08
0.03
他微量要素10種類以上
  施用方法
■ 水稲・小麦・葉菜類への施用
堆肥・緑肥・作物残渣等の上に竹炭灰ミネラルを4〜6袋/10aを全面に施し浅く耕転して、7〜10日後に播種して下さい。
■ 果菜類・根菜類・豆類への施用
堆肥・緑肥・作物残渣等の上に竹炭灰ミネラル を4〜6袋/10aを全面又は畝上に浅く 耕転して、7〜10日後に定植して下さい。
  ■ ほ場以外での「竹炭灰ミネラル」の活用方法
@【育苗土(育苗)への活用方法】
育苗土に「竹炭灰ミネラル」を容積比2〜3%程度を混合して使用。
白根促進及び、定植時の活着が良くなります。
A【堆肥作りへの活用方法】
「竹炭灰ミネラル(粉)」を堆肥の3〜5%程混ぜれば、発酵がより促進されます。
また有用微生物の住処にもなる為、善玉菌が増殖し腐敗発酵を抑え、土壌病害(病原菌)に強い堆肥が出来ます。
  
※炭の性質は、温度や炭材によって大きく変わるので、見極めが大事!
「炭」のメカニズム  生物性・物理性・科学性
株式会社ツボイ