「松」「竹」を素材として、人と環境にやさしい商品を開発・展開しています。

ナチュレパワー®Gタイプ
BVバイオ酵素
ナチュレミネラル
有機酸カル
竹満作
竹満作 ペレット
BV有機肥料
(アミノ酸ミネラル肥料)
灰ミネラル肥料
菌太郎
静置竹酢液 
畜産用ナチュレパワーG
畜産用蒸留竹酢液
畜産用乾燥竹粉
ダニスメンシート
 ・通常タイプ
 ・すべり止タイプ
 ・100m巻タイプ
ダニスメンシートエネキープ
ダニスメンシートα
業務用カビ・ダニスメン
てまなし革命炭
マイナスイオンシート
キングシート
竹炭パワーマット
竹炭イオンクッション
ニ  ラ 〜 栽 培 例 〜 高品質で20〜30%増収!
20〜30%の減肥料・減農薬!



BVバイオ酵素の葉面散布は【旧暦栽培管理表】に従って散布して下さい。
土壌病害が出やすいので、元肥は極力減らして畝に有用菌の増殖を促す 竹満作や、BV発酵有機を表層(5cm)にすき込むと良いでしょう。
ハウス栽培においては、たっぷり潅水出来る土作り(団粒構造)が重要です。
BV発酵有機 で表層マルチすると、物理性・生物性が改善され炭酸ガスの発生源にもなるので、締め切ったハウス内での炭酸ガスの確保が出来ます。
光合成を活発にさせる主材料は水であり、ハウス内の湿度は重要です。
夜明けから午後2時までは湿度60〜65%、炭酸ガス濃度300〜400ppm以上を維持させて下さい。
生育中期からの養分不足 ( 特にミネラル類 ) に注意して下さい。
養分 ( 特にリン酸・ミネラル ) が圃場に有っても根酸不足などで吸収できない場合が多く、生育後期には、キレート化された即効性のナチュレミネラルを施与することが望ましい。
追肥が必要な時は BV発酵有機 を水で溶いて潅水時に液肥混入して下さい。


 
施  用  方  法
目   的
うね作り
『 竹満作 (60〜100Kg / 10a)
      +
  BV発酵有機 (6〜8袋 / 10a) 』

              表層(5cm)にすき込む
善玉菌で土壌改良・活着・発根・生長促進
定植
根鉢を
『 BVバイオ酵素 200倍 』

に浸水して定植。
土壌改良で病害虫を抑制
定植後
発酵モミガラを表土が見えない程度に散布する
表層が乾燥しないようにする
ケイ酸供給


一ヵ月間
『 ナチュレパワーGタイプ 1000倍
      +
  BVバイオ酵素 1000倍
      +
  ナチュレミネラル 1000倍 』

     (100L / 10a) 7日間隔 3回 葉面散布
発酵アミノ酸液 (1L / 10a)
  【若潮の日】 潅水時混用  1回 / 月 
酵素・アミノ酸・植物ホルモン・ミネラルで生長促進

発根と生長促進
生長期



収穫期
『 ナチュレパワーGタイプ 1000倍
      +
  BVバイオ酵素 700倍
      +
  ナチュレミネラル 1000倍 』

      (100L / 10a) 7日間隔 葉面散布
『 BVバイオ酵素 (1L / 10a)
      +
  ナチュレミネラル (1L / 10a) 』

  【若潮の日】 潅水時混用  1回 / 月 
酵素・アミノ酸・植物ホルモン・ミネラルで生長促進

善玉菌の増殖で病害虫を抑制

発根と生長促進
秀品率アップ・増収
収穫直前
2〜3日前
『 BVバイオ酵素 1000倍 』
           (100L / 10a) 葉面散布
出荷前の食味向上・総仕上げ
指定農薬混用可能。
病害虫発生時には指定農薬を規定の1/2+ナチュレパワーGタイプ 500倍 混用し1〜2回散布して下さい。
展着剤・浸透剤の混用は必要ありません。アルカリ農薬との混用はできません。
※ネダニ発生の場合
@ 【 ナチュレパワーGタイプ 500倍 】
          +
【 BVバイオ酵素 700倍 】
          +
【 ナチュレミネラル 1000倍 】 を混用して株元散水。
                 ※5〜7日毎に株元散水して下さい。
A 定植時に植穴の株元に 【 BV発酵有機 】 と 【 竹満作 】 (1:1の割合) を混合したものを
1握り入れて下さい。
株式会社ツボイ